見た目にもよくない突起物

医者と看護師

綺麗で滑らかな肌を目指す

体中どこにでもできる可能性のあるいぼ。盛り上がった皮膚の突起物で時には柔らかく、時にはかたいできものになるのです。これは皮膚の老化と関係するので、年齢が増すと数も増えてきたと悩む人は少なくありません。しかしいぼというのは、出来てもいたくありませんし、自分自身で触らなければ、その存在を忘れてしまうこともあるほど。そのためつい放置してしまうこともあるのではないでしょうか。ただ、放置しておくと環境の影響を受けて大きくなることもあります。特に紫外線は大敵です。また洋服の摩擦などにより、いぼの先端から出血をしてしまうこともあるほど。時には鏡を見れば、自然と目に入るため美容的な不安を感じる人もいるでしょう。そんな悩ましい皮膚の突起物は、皮膚科や形成外科、美容整形クリニックなどで除去することができます。その方法は、大きさや場所によっても異なります。一つの方法としては液体窒素を使用した治療法があります。また医療用のレーザーを使用して除去する方法も。あまりに突起が大きければ、はさみやメスで切除する方法もあります。またいぼも非感染性や感染性などによって治療方針はわかれるので、まずはしっかりと診断を受け適した施術を受けることが大切です。病院でいぼを除去した後には、適切なアフターケアが必要になります。その目的は、その治療した部分が感染しないようにするため。また跡を残したりしないようにするためです。病院によっては、治療を行った後に通院をしてその後の経過をチェックするというところもあります。反対に、自分でケアして、特別なことがない限り通院はなしというところもあります。美容外科で施術を受ける場合は、カウンセリングから施術、そしてアフターケアまでがすべて料金に組み込まれています。また自費診療になるので、決して安価ではありませんが、もしも何らかの皮膚のトラブルが起こった場合などはすぐに対応してくれるので安心です。また美容的な面に重点を置いているので、跡が残らないように施術後は、施術部に専用のテープを貼るなど対応の仕方を丁寧に指導してくれるのが特徴です。いぼを治療した後のアフターケアとして重要なことは、紫外線を避けること。紫外線は治療後に跡を残す原因となります。その紫外線を避けるためには、テープを貼る、または日焼け止めなどを使用するという方法があります。いぼの治療というのは、取り除いたら終了というわけではありません。取り除いた後に跡を残さず綺麗になるまでがアフターケアの期間になるのです。