お肌の問題の解決方法

医者

いぼ治療は大きさによって向いている方法が変わってくるので、どのような形で行われるのか確認が必要です。レーザーを使った方法は問題を解決するのに向いていますが、クリニックによって設備が違うので注意しなければいけません。

詳しく見る

患部の状態を見る

鏡を見る婦人

いぼは種類によっては放置したり触ると増える可能性があるので、触らず、医療機関で除去してもらう様にします。自分でハサミを使って取り除くと傷跡が残ったりする可能性もあるので、なるべくきれいに治す為にも医療機関を利用します。

詳しく見る

失敗しない選び方

女性たち

レーザー治療やガスなどをつかったいぼ治療ですが、だいたい1万円前後で治療が行えます。薬の処方やいぼの範囲などによって料金は上下しますが、それほど高額になるケースは少ないので、安心して施術にチャレンジしてみてください。

詳しく見る

見た目にもよくない突起物

医者と看護師

いぼは、見た目や肌触りが悪いだけではなく、特には出血を伴うこともあります。そんないぼを治療する時は、レーザーや切除という方法があります。そして一番重要なことは、施術をした後はアフターケアをし、跡を残さず滑らかな肌を取り戻すということです。

詳しく見る

治療方法の違いや効果

カウンセリング

保険適用か適用外か

ウイルス性のいぼは良性腫瘍であり放置していても命の問題はありません。しかし増殖や肥大する可能性はあり、見た目を損なう事やコンプレックスの原因にもなりますので、早めに除去する事が推奨されています。その治療方法は保険適用・適用外があり、いくつか種類があります。保険適用の治療方法で代表格なのが液体窒素による凍結術です。マイナス196℃の液体窒素で細胞を凍結して破壊する治療方法です。麻酔を使用する事は稀で、なしで患部に当てます。当日は少々痛みを生じる事おありますが、次に日には消失しています。1〜2週間程で色が変質していきじきにいぼがとれます。電気凝固療法では熱の力で破壊するのですが、局部麻酔を行います。傷跡があるので消毒は必要です。これらは多少の痛みは伴うので、子供や苦手な方には塗り薬や漢方薬の飲み薬選択できます。共に保険適用ですが、始めてすぐに治るものではなく、ある程度の期間が掛かります。保険適用外の治療方法ではレーザーが主流であり、炭酸ガスレーザーが多くのクリニックで使用されています。一般的な病院では受ける事ができず、理由としては保険適用外だからです。炭酸ガスレーザーは水分に反応するもので、いぼの細胞に含まれる水分に反応し蒸散する際に破壊するものです。いぼの治療方法はいくつかありますが、特に女性の方は美容クリニックで治療を受ける選択をしている方が多いです。美容クリニックはその名の通り美容目的の医療施術を行う機関であり、いぼの悩みも解消できます。ただ取り除くのではなく綺麗に取り除いてくれるのですが、病院と違うのは治療範囲です。病院は疾病の治癒を目的としているので、いぼの除去及び再発防止が治療範囲です。その為周囲の皮膚や傷跡も配慮はしてくれますが優先はしません。確実に治す事が主なのですが、対して美容クリニックは除去と除去後の状態まで治療範囲になっています。傷跡や治療跡が新たなコンプレックスにならない様に、綺麗に取り除けるように尽力してくれます。施術するのは当然医師であり、美容のプロのスタッフも揃っており、アフターケアも充実しています。治療後の悩みにも電話ですぐに対応してくれます。保険適用の治療ではダウンタイムも長い傾向にありますが、レーザーは皮膚への影響も少ないのでダウンタイムは短いです。施術を受けてから皮膚を隠す期間もずっと短い特徴があります。レーザー治療ではミリ以下での単位で調整が効くので、取り逃す事なく後も残り難いです。施術後も傷の治りを早める軟膏や医療用の絆創膏をし、他の肌に馴染むまで経過を観ていきます。